不確かな確かの中で

b0293823_00275122.jpg

この夏の終り、あやちゃんの舟に乗り、北海道へいきます。
その準備に励む日々が始まっている。
それは、自分との戦いでもあって。
楽しい時間でもあるのだけれど、制作の時間はいつも超えられない何かに向かってもがくような形でもあり。その時間の中に快感もあるし、解き放たれるような瞬間もある。悔しさや、泣きそうな瞬間もある。どうにか見えない何かを越えようと、止めればいいのにやめられないで生きてる。
越えたっていう時なんて来ないのかもしれないし、そんなこと考える前に身体を動かせというのが正しいのかもしれない。

見えないソレ。上手く言えないし、無いものかもしれないけれど、なんだかとても信じていて。見えない、よく分からないこのことが自分の原動力になっているなんて。私は一体何に向かって、今これらのことに取り組んでいるんだろう?

「不確かな確か」

それは、昔からいつも中にある。
一番信じられるもの。
この中で、私はこの人生を生きるのだろうと思う。

昔から夜は時々こんなことを思っている。

梅干しが大分浸かっている。

b0293823_00275376.jpg

[PR]
# by nanalight | 2017-07-26 00:13 | 日々

月の染と旅の糸

b0293823_21392303.jpg


糸ってどうやってできてるんだろう?
高校を卒業してから、ファッション工芸を学び、帽子の型紙を引き、再び洋服のデザインやブランディング、パターンを学び、アパレル、染色材料店での仕事を経て、nanalight。何かをする度、どんどん知らないことが増えていく。知らなすぎて当たり前だった事、その歴史を覗いていくと、もう、ハッとすることばかり。
行く先は、民俗学に繋がる。人が営みを始めたそれぞれの土地の上で生まれているもの。そういうことを知った上で物を作っていたいと思う。太古の人達のたくさんの智慧の上に私達がいて、私達も先の誰かの智慧になるのかもしれない。私達も繋ぐ者のひとりなのだとしたら、自分の興味を深く学んでその先に何かを繋げられたらと思う。
b0293823_21392780.jpg

(トウモロコシの皮)

このところ、アトリエで過ごすことも増えて、居心地の良い場所になってきた。自分の場所になるには少しの時間がかかるもの。場所と土地と対話しながら少しずつ関係を寄せる。沢山の材料が溢れ、染めている瓶が並んでいて、糸紡ぎの道具やいろいろが雑多に並ぶ場所。
時々外に出てみると、流行りなんかに驚いたり、新鮮に感じたりする。
ゆっくりなペースではあるけれど、この人生の中で過ごす時間、湧き上がった興味を掘り下げて行きたいと思う。このアトリエで過ごせる時間、少しでも深くそういうものを知れたらいい。その中で制作も深めて行けたらと思う。

作っていくものの事を考える。どこか定まらずにいる気がして、考えることが多いけれど、手を動かす中に答えがあるのだろう。
衣服はやはりかかせない。風を感じられるような衣服を提案できたらと思う。
いろんな葛藤の中、今日も何か触れて喜びこんな人生も悪くないなと、でももう少し抜け出したいな。

b0293823_08195721.jpg






[PR]
# by nanalight | 2017-07-14 21:20 | 日々

西への旅

b0293823_11020024.jpg


この夏の終り、あやちゃんが舵をとるトワトワトに参加する。舟に乗るのはゆりちゃんと私。ゆりちゃんの暮らす岡山へ旅をする。材料となる植物を山へ探しにいったり、一緒にご飯を食べ、いろんな話をする。
思わぬものに出逢ったりする。
思わぬ方から光がさし、さっきとは違う方へ風か吹く。そんな中に自分がいることをどこか不思議に感じながら、そんなことがとても心地良く、出会う人達の生き方に触れ、幸せに思いながら過ごす。

雁皮という木を教えてもらって、山へ採取に向う。
木を裂いて繊維にするものなのだという。
バスで大阪まで戻った後、長い木が飛び出た植物の束をかかえて電車に乗り家へ向かう。
翌朝、目覚め、よしやるぞと、これから繊維へとさいてみるぞ。
b0293823_11020396.jpg

[PR]
# by nanalight | 2017-07-09 10:42 | nanalight

7月になる

b0293823_08115708.jpg


アルバムを作っていた。
ここ一年、とてもお世話になっている、慈愛に満ちた、いつも芸術が爆発しているとってもチャーミングな方へ。
[PR]
# by nanalight | 2017-07-03 08:07

broochの意味

b0293823_02024094.jpg


私のブローチ

この先も道は はるか遠くつづく

足りない今を数えすぎて

満ちているいまを 忘れてしまわないように

小さな祈りを 胸にかざる


 〜「ブローチ」 / 文:内田 也哉子〜

なんとなく、ブローチが苦手だった。
久しぶりに手にした絵本

読んでみた最後の1文

とても、こころに残る。
そういうものの証としてブローチがあるのだとしたら、それはとても素敵だと思った。
私なら、何を胸に飾るだろう?

久しぶりに友人が夜訪ねてくれた。
色のことを話す。

b0293823_02051733.jpg


[PR]
# by nanalight | 2017-06-28 01:50

Life equal creation, creation equal life. Sardinian spirit inspired me. Love Sardegna.


by nanalight