<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


b0293823_1725030.jpg


【〜nanalight & TOMOKO Fujita〜
<サルデーニャの家庭料理と日本の針仕事を楽しむ会> のお知らせ 】

2015年 3月7日(土)、15日(日)
大阪・阿波座にて、サルデーニャにて現地の家庭料理を探求されているTOMOKO さんと一緒にイベントを企画しています^ - ^

昨年、秋にサルデーニャで初めてお会いし、今回この様な運びになりました。

食に関して、あまり満喫出来ていない私としては、作り方や香り、味に至るまで知らないことだらけ。
私自身も、とても楽しみにしています。

私は、日本の針仕事のワークショップを担当します。

サルデーニャと日本の融合

どんな時間になるかしら!

興味をお持ちの方は、お気軽にご参加ください。

(※個人宅での開催になりますので、開催場所の詳細につきましては、ご予約・見学の問合せを頂いた方へ後日お知ら致します)



♢ ♢ ♢


〜イタリア・サルデーニャ島〜

地中海で2番目に大きなこの島は、
訪れた人を虜にさせてしまう不思議な場所

昔ながらの伝統や文化が、暮らしの中に色濃く残っているこの島に、すっかり魅せらてしまった人達がいます。



サルデーニャへ移住し、家庭料理や食材の探求を続ける Delizie TOMOKO fujita

サルデーニャの伝統的な手仕事に触れ、日本のそれらを再び見つめ直している nanalight Nanako Hiraki



今回この2人が、サルデーニャの家庭料理と日本の針仕事が混ざり合う、温かく楽しい会を計画しました。
皆さま、どうぞお気軽にご参加ください☆



________________________*****____________



〜nanalight & TOMOKO Fujita〜

<サルデーニャの家庭料理と日本の針仕事を楽しむ会>

布アーティスト 平木奈々子のワークショップと食旅コーディネーター TOMOKO Fujitaのお料理デモンストレーションで楽しい一日を過ごしてみませんか? 
    

開催日:3月7日(土)・3月15日(日)
時間:WORKSHOP  10:00~17:00頃
DEMONSTRATION 12:00~、15:00~


MENU [予約制]
・ワークショップ+昼食+おやつ 
¥4,200 (各日5名さま限定) 
・見学+昼食  ¥1,000 (各日5名さま限定) 
・見学+おやつ ¥500 (各日5名さま限定)

※ 開催日の3日前までにこちらまでご予約下さい 。
・delizie@delizie-italia.com (フジタ)
・ciao@nanalight.com (ヒラキ)

詳細はご予約後にメールにてお知らせいたします。
(見学のみご希望の方もメールにてご連絡下さい)



【 WORKSHOP & DEMONSTRATION の 内容 】

〜WORKSHOP~

<みんなで針仕事、すみこトートバッグを作りましょう!>

兵庫県の山陰地方で古くから伝わっている米袋 ‘升杯袋’は、花嫁道具の一つとして、いろいろな余り切れを継接いで作られます。
すみこおばあちゃんの継接ぎ方で、自分だけのオリジナルトートバッグを作りましょう。

パーツの一つを、アートワークの様に自由に端切れを接ぎ合わせ、トートバッグに仕上げます
初心者の方、裁縫が苦手な方も、お気軽にご参加ください^ - ^
(サイズ 底 36cm / マチ 20cm / 高さ 28cm )

○持ち物
・裁縫道具(針、糸切りばさみ、布切りはさみ)
・お気に入りの布のはぎれ(30×30以内の小さいものでok)

※裁縫道具はご用意もできますので、ご希望の方はお申し込みの際にお知らせ下さい。
※布のはぎれは、何種類でも構いません。こちらでも準備して おりますので、お好きなはぎれをお使いいただけます。


〜DEMONSTRATION~
<サルデーニャのマンマの味の秘密を探っちゃおう!>

数々あるパスタの中から麦の穂の綴じ目が可愛いジャガイモとチーズ入りの詰めものパスタ・クルルジョネスの作り方を実演します。
ご希望の方はぜひ挑戦してみて下さい。
また伝統的なお菓子も実演予定!
ご希望の方は実演後にお召し上がりいただけます。(要予約)



*----------------------------------------------------------*~*----------------------------------------------------------



♪ 平木奈々子
nanalight主宰。
兵庫県生まれ。上田安子服飾専門学校 ESMODO JAPONにて、服作り、小物作りを学ぶ。帽子メーカー、デニムメーカー、老舗染織材料店へ務めた後、渡伊。
帰国後、サルデーニャの暮らしや文化の紹介、アート作品の輸入・販売と日本の暮らしの知恵を手り入れた衣服やすみこ袋の製作を行う ‘ nanalight ’ を立ち上げる。
http://nanalight.com/



♪ TOMOKO Fujita
Delizie主宰。
和歌山生まれ。大阪でイタリア家庭料理店を経営後、’00年にイタリアに渡りピエモンテを拠点に各地のアグリツーリズモで料理修業。’03年よりサルデーニャに移住し、家庭料理や食材の探求を続ける傍ら”食”をテーマに現地の旅行、視察、料理教室などをコーディネー ト。
日本とサルデーニャの食文化交流に活躍中。
http://www.delizie-italia.com/


b0293823_1725137.jpg


b0293823_1725250.jpg


b0293823_1725310.jpg

[PR]
by nanalight | 2015-02-21 16:40

立春 と 満月

b0293823_19391465.jpg


今日は、立春
昼と夜がちょうど半分になる日

先日まで蕾だった、椿が、今朝はいくつか花を咲かせていました。

寒い日が続いているけれど、確実に春は近づいてきている。

nanalight

2015年は、すみこ袋を中心に制作に励んでいます。
作れば作るほどに発見があり、上手いことできている。
昔の人達は、本当にすごい。
すみこ袋の型紙には、曲線はない。
直線の定規で、シュッ シュッ と黙々と線を引いていく。

展開図を描くのだが、計算され尽くしていて、展開図が美しい。

縫い合わせるときも、ピッタリと縫い合わさっていく様は、快感でさえある。

そんな、直線の角々した布が合わさって出来ているもの。

なのに、出来上がると、すっごく温かくて優しい。

不思議である。

小悪魔みたい。

私は飽きもせず、相変わらず惹かれています。

今年は、より沢山のすみこ袋を作り、更なる小悪魔っぷりにメロメロになりそうです。



b0293823_19391525.jpg




.

[PR]
by nanalight | 2015-02-04 19:21