broochの意味

b0293823_02024094.jpg


私のブローチ

この先も道は はるか遠くつづく

足りない今を数えすぎて

満ちているいまを 忘れてしまわないように

小さな祈りを 胸にかざる


 〜「ブローチ」 / 文:内田 也哉子〜

なんとなく、ブローチが苦手だった。
久しぶりに手にした絵本

読んでみた最後の1文

とても、こころに残る。
そういうものの証としてブローチがあるのだとしたら、それはとても素敵だと思った。
私なら、何を胸に飾るだろう?

久しぶりに友人が夜訪ねてくれた。
色のことを話す。

b0293823_02051733.jpg


[PR]
# by nanalight | 2017-06-28 01:50
b0293823_02592901.jpg


今日は、SAAさんにてTRAVELLER'S BAR のマスターをさせて頂く。クイズ大会なんかすると盛り上がるよ、とのお声がけにどんなクイズができるかな?と考えていたこのごろでした。SAAさんでは、いろいろ初めてのことを経験する機会を頂き、とても有難く思う。話したいことが溢れてしまい、クイズ大会は、まさかの1h超え..(ゴメンナサイ)思っていたより楽しんでいただけた様にお見受けし、嬉しく思いました。最後の詰めは甘かったし、時間も越えに越えてしまったけれど、反省点も学び、ひとつ先にいけるかしら。それにしても、やっぱりサルデーニャ島は興味深い場所だなぁ。いろんな機会を頂き、旅を振り返る度に、色んなことに気付き、また知らないことを知り、もっと深く知りたくなる。島に伝わる昔話や古いシンボルの意味なんかも興味深い。日本と少し似ているようにも思う。できる事からコツコツと。私はどこへ向かっているんだろう。そんな空気をふわりと身に纏いつつ、興味のままに歩みを進めます。これらを知ることから生まれるものがあるような、そんな気がしている。
皆さまに感謝して1日を終える。

b0293823_02593192.jpg

[PR]
# by nanalight | 2017-06-22 23:55 | sardegna

日々の日記

b0293823_01513680.jpg


ゆりちゃんのもらいもん日記の影響を受け、書き始めたblog.
うまく再始動し始めているんじゃない?
その日あったことや感じた気持ちを忘れないようにと、書き場所を探し始めている自分がいる。いままでは、何でもノートと呼ぶ特別なノートがあって、そこに書いていたものを、人が見ることのできるこの場所に書き始めている。
今日は、朝起きてごみ捨て。裏の小路を散歩することから始まった。朝日がキラキラと気持ち良いことこの上なし。家へ戻り、縫い仕事。午後からは、この場所を借りるきっかけをくださった方が取材を受けられるとのことで、私の場所も撮影していただけることとなる。お昼前、午前中の縫い仕事を、切り上げ、急いで掃除。和やかに撮影も終わる。いろんな人の仕事を見られる機会があることは、とても嬉しく、すごいなぁ、とそういうものに触れる度に思う。
夜はNOMAさんへ搬出に。馴染みの顔ぶれ。世代も性別もやっていることもそれぞれに違う人たちと顔を合わせる機会。一度実家に戻り、再びアトリエへ。木曜にあるTRAVELLER'S BAR で話すこと、写真などを考える。合間に、昨日受け取った糸紡ぎの道具で糸を紡ぐ。気がつけば、なんだかせわしない1日になっているなぁ...
b0293823_01513733.jpg

[PR]
# by nanalight | 2017-06-19 22:00 | 日々

amazonと蕎麦

b0293823_17084542.jpg

朝、実家からアトリエへ。
小包を受け取らねば、と自転車押しながら急ぎ足で坂を上がる。ヤマトさんから受け取り、箱を開ける。なんの香り?ゆりちゃんからの第一弾の交換日記の始まり。泣けてくるくらい幸せ。私はこの夏、この糸紡ぎの道具をつかって糸を紡ぐ。
夕方、岡本まで出かける。いろんな思いや決断の中で人は生きてる。そんな様に触れ、とても生きてる人だと感じる。
[PR]
# by nanalight | 2017-06-18 16:26 | 日々

木の棒と糸と

b0293823_08122233.jpg


昨日は、マヤ織の原始機の先生を訪ねる。先生と知り合ったのは、もう、何年前になるかな?たまたま同席して、お話したことがきっかけ。時折、ホームパーティに誘ってくださったり、必要な情報をくださったりと、ありがたく関係が続いている。
時が流れて、私はサルデーニャで腰機を教わる。帰国後、先生が原始機や織りに携わっておられる理由をある雑誌で読み、そこにすごく惹かれた。キアラさんの考え、わたしがそこで心動かされたことが、勝手ながらとてもリンクする。
お伺いし、見学し、数本の木の棒と糸と身体で、こんなに多くの表情の布が織れることに驚く。
私は月に一度、先生から原始機のこと、いろんな国の機や繊維のことを学ばせていただくことを決めた。こういうことは、いつも直感で。計画性のない性格だけれど、こういう気持ちにはそのまま乗るべきなんだっていうことは、身体のどこかが知っているのだと思う。このところの私は、織りに引き寄せられていっている感が強い。乗りましょう、この波。

b0293823_08122414.jpg

[PR]
# by nanalight | 2017-06-17 07:43 | 日々

daily life , work , Sardegna and my special things


by nanalight